Life style

家庭持ちのサラリーマン向け!こっそり小遣いを増やすコツ教えます

困っています
困っています

毎月の小遣いが少ないな。。ちょっとでも増やせないかな?

 

 

こんにちは!めがねパーマです。

毎月の小遣いって、いくらもらっていますか?

小遣いを少しでも増やしたいと思っている方にコツをお伝えします。

本記事で得られること

  • 自身の小遣いが多いのか少ないのか
  • 小遣いをちょっとだけ増やす方法3つ
  • こっそり増やすことに向いている方法

 

 

小遣いの相場を知る

下のグラフは2020年サラリーマンのお小遣い調査による小遣いの推移を示したものです。

 

2020年サラリーマンのお小遣い調査より

 

 2020年、サラリーマンの小遣いは3万9,419

 

2020年のサラリーマンの小遣いは、2009年と比べて6,356減っています。

 

今この文章を読んでいるあなたにとって39,419円は多く感じますか?それとも少なく感じますか?

 

 

この文章を書いている34歳2児の父親の僕は、月の小遣い2万円です。美容院は別途、欲しい物があるときは要相談です。

 

3万9,419円よりは低いですね。

 

小遣いは多い方が良いに決まってるよ

 

誰だってそうです。
小遣いは多いに越したことはありません。

 

稼いでいるのは夫である自分だから、本当は使いたい分だけ使いたい。

 

なんて思う人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、現実はそんなに甘いものではありません。

 

 

この文章を最後まで読んでいただいてもガラッと小遣いが増えることは決してありません。

しかし、この文章を最後まで読んだときには、確実に月数百円はアップします。

たった数百円が何だ、と思う方も多いでしょう。

 

ですが、ここ10年で消費税が8%から10%へ増えました。

タバコやビールに掛かる税金も増えました。

 

たった数円、数十円。わずかな値上げだとしても増税前には“買いだめ”が起こります。

 

なぜ収入が数百円増えることには「たったこれだけ」と思って、支出が数十円増えることには「大変だ」と騒ぐのでしょうか。

 

数百円とはいえ、小遣いを増やすことができたら、それはとても有益なことです。

 

 

まずは第1ステージ。
ゲームを思い浮かべてください。何のゲームでも良いです。

 

たいていのゲームは初めのステージをクリアするところから始まります。

 

いきなりパスワードを入れてラスボスステージまで行っても、優越感は一瞬。結局初めからやり直したくなるんです。
最初のステージから1つ1つクリアしていきましょう!

一気に小遣いを増やす方法って怪しくないですか?

無いことはないでしょうが、怪しくない確実な方法で少しずつ増やしていきましょう。

年代別にみた小遣いの相場

先ほど、34歳2児の父の僕の小遣いが2万円だと言いました。

全体の小遣い平均額が4万円弱なので、約半分の金額ですね。。

 

実際、僕と同年代の30代の平均額はどうなんでしょう。
また、他の年代の平均額はどうでしょうか。

2020年サラリーマンのお小遣い調査より

20代が高く、30代、40代になるにつれ低くなっています。
そして50代で高くなっています。

年代によって平均収入が違うので、得られる小遣いが違うのはごく自然のことだと言えます。

ライフステージ別にみた小遣いの相場

また、ライフステージによっても小遣いが違っています。

自然なことでしょうが、未婚が1番高いです。

2020年サラリーマンのお小遣い調査より

僕は“子どもあり”に該当するので、平均額3万2,977円です。

 

子どもあり・共働き世帯が意外と小遣いが高くてびっくりですね。

 

 

なぜ小遣いが減っているのか

10年前よりも小遣いが減っているという話をしました。

大きな要因としては、消費税や酒税・たばこ税の増税があります。

 

 

小遣いダウンの理由

2020年サラリーマンのお小遣い調査より

 

では、もう少しミクロで見たらどうでしょうか。

 給料が減った

 ライフステージが変わった

 

これが小遣いダウンの要因です。

どちらも、すぐに変えることができない内容です。

小遣いをちょっとだけ増やす方法3選

少しでも小遣いを増やすことができたらいいのに。

そんな気持ちに応える方法を3つお伝えします。

アンケートモニター

 

このやり方が向いている人

こつこつ地道な作業が好きな人
物のレビューをするのが好きな人

 

どんなことをやるのか?

スマホでできる簡単なアンケート
日々の買い物内容の調査
新商品を試験的に利用して評価する

 

実施までのステップ

アンケートモニターサイトに登録
アンケート依頼が来るのを待つ
依頼が来たらアンケートを実施

 

見込まれる収入

~2,000円/月

 

アンケートモニターは空き時間を使って手軽に始められるので、登録している人が大勢います。
ポイントを貯めて、そのポイントを換金したり商品券と交換したりします。

アンケートで得られるポイントは1件あたり1,2円~100円程度です。

 

※1ポイントあたりの金額はサイトによって異なります。
1ポイント=1円のところや、1ポイント=0.1円のところがあります。
しかし、ポイント⇒円が低いところは獲得ポイントが多くなっているので、結局どちらも同じと考えて良いです。

 

得られるポイントが低いものが多いので、こつこつと作業を繰り返すことが好きな人が向いています。

ポイントサイト・アフィリエイト(セルフバック)

このやり方が向いている人

「新規会員登録」や「新規口座開設」「お試し登録」という言葉に抵抗がない人。
ゲーム感覚で物事を行なうことが好きな人



どんなことをやるのか?

※アフィリエイトはセルフバックに限ってお伝えします。

クレジットカードの新規登録や、証券口座新規開設、栄養食品のお試し登録など。
スマホゲームをインストールしてプレイする。(一定のレベルに達することが条件のものもあります)

実施までのステップ

ポイントサイト・アフィリエイトのサイトに登録
好きな項目を選択
項目ごとに決められた条件を満たす

見込まれる収入

~30,000円

アンケートモニターより手早く収入を得ることができます。
ただし、クレジットカードの新規登録や証券口座の新規開設を増やしたくない。
すぐに解約すれば良いかもしれないけど、個人情報を登録したくない。
という方もいると思います。
そういう方は、栄養食品のお試しやスマホゲームのインストール、ショッピングでのポイントアップを利用すると良いです。



アルバイト

このやり方が向いている人

働いた時間だけ確実に収入を得たい人
本業以外の時間に余裕がある人
副業OKな職場で働いてる人

 

どんなことをやるのか?

コンビニ
スーパー
居酒屋
清掃
ビラ配り
など、学生のアルバイトと同じと考えて良いでしょう。

実施までのステップ

アルバイトの募集情報を収集
アルバイトに応募
面接(不要のところもあり)
アルバイト開始

 

見込まれる収入

43,296円
2020年の最低賃金における全国平均902円×1日4時間×月12回 として計算

時間の制約があることと、知り合いに見られたらどうしようという恐怖に負けず、働いた時間の分だけ確実に収入を得たい人には向いていると思います。

少しだけ小遣いを増やすための第一歩

おすすめはアンケートモニター

今回の記事で1番のおすすめは、アンケートモニターです。

実際、アンケートでも幅広い年代で1番選ばれています。

2020年サラリーマンのお小遣い調査より

 

僕はポイントサイトのマクロミルに登録して実践しています。

小遣いをちょっと増やす

少しサボっていましたが、ここ最近は月1,000円~1,500円くらい稼いでいます。

 

貯まったポイントは商品と交換ができます。

また、商品以外にもギフト券やTポイントに交換することもできます。

現金として換金することもできます。

 

 

マクロミルおすすめですよ!

こつこつと作業を繰り返すことが好きな人は、特に向いているはずです。

 


小遣いをちょっと増やす

小遣いを増やす
小遣いをちょっと増やす
小遣いを増やす

ポイントサイトとアフィリエイト(セルフバック)もおすすめ

アンケートモニターよりも稼ぎやすいので、こちらもおすすめです。
ただ、僕は「新規登録」に抵抗があるのでむやみに登録するよりコツコツとアンケートポイントを貯める方が好きです。

ですが、新規登録をしたいものがあれば直接そのサイトから登録するより、ポイントサイトやアフィリエイトのサイトを経由してからの方が断然お得です!

実際に、自宅のネット環境をポケットWi-Fiから光回線へ変更しましたが、同じ新規登録でも17,000円も余計に獲得することが出来ました。

まだ報酬は入っていませんが、確定して入金されるのがとても楽しみです。

こっそり小遣いを増やす上での注意点3つ

小遣いを増やすうえで注意すべき点があります。

副業OKの職場か?

事前に副業OKの職場なのか、職務規定を確認しておくことをおすすめします。

特にアルバイトをする場合、本業とは別の企業に雇用されることになるので要注意です。
自宅や職場の近くで働いているところを見られたときに、本業の職場へ知られる可能性があります。

奥さんの理解は得られているのか?奥さんに知られても大丈夫なのか?

職場のハードルがクリアになったら、次は家庭のハードルです。

結婚している方にとっては一番身近な存在なので、もし小遣いを増やすことを理解してくれているのかは重要です。

「小遣いを増やすくらいなら家族に還元して」と言われることもあるでしょう。

案外高いハードルかもしれません。

知られたくない場合の対策

もしも、こっそりと小遣いを増やしたいときは現金としてお金を持たなければ良いのです。

アンケートモニターやポイントサイトは、ギフト券やTポイント等に変換することが可能です。

現金としての小遣いとはまったく別のところに収入が入るようにしておけば、知られる可能性がグッと低くなります

もちろん、現金に交換すること(口座へ振込)もできます。

元々の小遣いを増やすには・・支出を抑える

本記事では+αを生み出して小遣いを増やす方法を紹介してきました。
第1ステージである+αを生み出すことが出来たら、次は、毎月の小遣い自体を増やすべく第2ステージに挑戦しましょう。

小遣いの土台を増やすことは誰しも大きな挑戦で、奥さんに交渉することが必須条件でしょう。

交渉するためには、実践している姿勢を見せる必要があります。

仕事でも「とにかく頑張ります!!」という部下・後輩は、威勢は良いですが根拠が無ければ信頼関係にどこか不安が残ってしまうことでしょう。

家庭でもきちんと実践している姿勢を見せ、それを根拠に交渉することで第2ステージを攻略することができるかもしれません。

コンビニアプリ

各コンビニごとにアプリがあり、20円引きクーポンやチロルチョコ無料といったちょっとしたお得情報があります。

わずかですが、支出を抑えることができます。

LINEクーポン

こちらはコンビニよりも幅広く多くの店で使うことができます。

ハンバーガーが安くなったり、ピザが安くなったり。日常の色々な場面で少しずつ支出を抑えることができます。

少しずつとはいえ、積もり積もれば支出が抑えられていることを確実に実感するはずです。

ポイントで固定費を支払う

こちらは楽天経済圏というものがあります。
日常生活で発生するあらゆる支払いを楽天カードにまとめて楽天ポイントをザクザク獲得しよう!そして、ポイントを使って固定費を支払おう!というものです。
楽天でなくてもYahoo!ならTポイントが貯まるのでYahoo!でも良いでしょう。

よかったら以前の記事を参考にしてみてください。

 

いかがでしたでしょうか?

やり方を探せば、もっとたくさんあります。
まずは、自分に合ったやり方を見つけて1つでよいので実践してはいかがでしょうか。



\楽天ROOMやってます/

スポンサーリンク

-Life style

© 2021 Megane permanent blog Powered by AFFINGER5